【まとめ】ECB理事会のシステムについて

ECBの理事会がシステムが今年から変更になってます。
自分の中でも情報整理という意味で、まとめてみました。
 
理事会の開催頻度は昨年までの月1から6週間に1度になりました。あと、議事要旨も発表されることになりました。
 
理事会スケジュールはこちらから:
https://www.ecb.europa.eu/events/calendar/mgcgc/html/index.en.html
 
また、投票権が輪番制になりました。毎月の変更です。
 
6人の理事(総裁・副総裁・4人の専務理事)=6票
5大国(独仏伊西蘭)=4票
残り14カ国(今年1月からリトアニアが参加)=11票
※ユーロ導入国は今年時点で19カ国
 
投票の輪番スケジュールは以下の通り
https://www.ecb.europa.eu/ecb/orga/decisions/govc/html/votingrights.en.html
 
1月に投票権がなかったのは、スペイン、エストニア、アイルランド、ギリシャの4カ国でした。ドイツの投票権なしは、今年は5月と10月。ただしこの両月は理事会がありません。流石です。
 
なお、現在の理事会メンバーは以下の通りです。
 
【理事】
ドラギECB総裁
コンスタンシオECB副総裁
クーレECB専務理事
ラウテンシュレーガーECB専務理事
メルシュECB専務理事
プラートECB専務理事
 
【五大国中銀総裁】
バイトマン・ドイツ連銀総裁
ノワイエ・フランス中銀総裁
ビスコ・イタリア中銀総裁
リンデ・スペイン中銀総裁
ノット・オランダ中銀総裁
 
【その他中銀総裁】
クーン・ベルギー中銀総裁
ハンソン・エストニア中銀総裁
ホノハン・アイルランド中銀総裁
ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁
ゲオルガジ・キプロス中銀総裁
リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁
ライネッシュ・ルクセンブルグ中銀総裁
ボニチ・マルタ中銀総裁
ノボトニー・オーストラリア中銀総裁
コスタ・ポルトガル中銀総裁
ヤズベツ・スロベニア中銀総裁
マクチ・スロバキア中銀総裁
リーカネン・フィンランド中銀総裁
バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁