全面円高、トルコ再び最弱 米ドル若干安い 先ずは数字

  2018年 2018年    
  5月23日 5月24日
ドル円 109.95 109.2 -0.75 -0.68
ユーロ円 128.69 128 -0.69 -0.54
ポンド円 146.85 146.15 -0.70 -0.48
カナダ円 85.62 84.77 -0.85 -0.99
豪ドル円 83.17 82.75 -0.42 -0.50
NZドル円 76.14 75.71 -0.43 -0.56
スイス円 110.55 110.18 -0.37 -0.33
ランド円 8.83 8.79 -0.04 -0.45
         
         
ユーロドル 1.1704 1.1719 0.0015 0.13
ポンドドル 1.3355 1.3383 0.0028 0.21
ドルスイス 0.9946 0.9911 -0.0035 -0.35
ドルカナダ 1.2841 1.2882 0.0041 0.32
豪ドルドル 0.7564 0.7577 0.0013 0.17
NZドルドル 0.6925 0.6932 0.0007 0.10
ドルランド 12.4519 12.4232 -0.0287 -0.23
         
ユーロポンド 0.8763 0.8757 -0.0006 -0.07
ユーロスイス 1.1642 1.1617 -0.0025 -0.21
豪ドルNZドル 1.0922 1.093 0.0008 0.07
         
トルコリラ円 24.12 23.05 -1.07 -4.44
ドルトルコリラ 4.5585 4.7375 0.1790 3.93
         
人民元円 17.25 17.13 -0.12 -0.70
ドル人民元 6.3739 6.3748 0.0009 0.01
         
メキシコペソ円 5.6 5.58 -0.02 -0.36
ドルペソ 19.6339 19.5699 -0.0640 -0.33

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円109.20円前後、シドニー市場のレンジは109.16-29円

 ドル円は109.20円前後で推移。NY市場では、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表したことで108.96円まで下落した後、109.26円前後で引けた。シドニー市場では、109.20円前後で推移している。ユーロドルは1.1720ドル前後、ユーロ円は128.03円前後。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、米朝首脳会談中止で地政学リスクの増大を警戒

COMEX金6月限終値:1304.40 ↑14.80
 24日のNY金先物6月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+14.80ドルの1オンス=1304.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1306.40ドルまで買われた。トランプ大統領は24日、6月12日に開催を予定していた米朝首脳会談を中止すると発表したことが要因。地政学リスクの増大を警戒して安全逃避的な金買いが活発となった。米長期金利が続落したことも材料視されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

本日のスケジュール

[本日のスケジュール]
<国内>
08:30 消費者物価指数(東京都区部5月) 0.5% 0.5%
10:00 伸銅品出荷統計(4月)  
10:10 国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下と5年超10年以下)(日本銀行)  
16:00 アルミ圧延品出荷統計(4月)  

<海外>
17:00 独・IFO企業景況感指数(5月) 102.0 102.1
17:30 英・GDP改定値(1-3月) 1.2% 1.2%
21:30 米・耐久財受注(4月) -1.4% 2.6%
  印・インフラ産業8業種(4月、31日までに)  4.1%
  米・ミシガン大学消費者マインド指数確定値(5月)  
  米・ダラス連銀総裁、アトランタ連銀総裁、
  シカゴ連銀総裁がパネル討論会に出席  
  スウェーデン・パウエルFRB議長がスウェーデン中央銀行の会議に出席
  パプアニューギニア・APEC貿易相会合(26日まで)  

   注:数値は市場コンセンサス、前回数値

FX為替ニュース

, , , , ,

25日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○08:30 ◎ 5月東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.6%)

<海外>
○16:00 ◎ ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
○16:15 ◇ 1-3月期スイス鉱工業生産指数
○17:00 ◎ 5月独Ifo企業景況感指数(予想:102.0)
○17:3…

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・24日=米朝首脳会談中止で円買いに、ドル円は一時108円台に

 NY時間の為替市場は、トランプ米大統領が6月12日に予定されていた、米朝首脳会談を中止したと発表したことで円とスイスフラン(CHF)が買われた。首脳会談が中止されたことで、ダウ平均は250ドルを超えて下落、米10年債利回りも2.95%台まで低下した。
 ドル円は109円半ばで取引されていたが、首脳会談の中止が発表されると今月8日以来の109円を割り込み108.96円まで円買いが進んだ。クロス円も軟調で、ユーロ円は127.72円、ポンド円は145.69円、豪ドル円は82.38円、NZドル円は75.37円まで下値を広げた。またドル/CHFは0.9886CHFまで、ユーロCHFは1.1589CHFまでCHF高になった。その後ダウ平均も2桁のマイナスまで戻し、10年債利回りも2.97%台まで上がったことで、ドル円は109円前半、ユーロ円は128円前半、ポンド円は146円前半まで戻した。
 米朝首脳会談の中止は当初円とCHF買いへの反応だったが、徐々に他通貨に対してもドル売りになり、ユーロドルは1.1750ドルまでユーロ買い・ドル売りになった。本日発表された小売売上高が市場予想より上振れたことで底堅く推移していたポンドドルは1.34ドル台に再び上昇する局面もあった。しかしクロス円の売りが両通貨の上値を抑えた。
 オセアニア通貨に対してもドルが重く、豪ドル/ドルは0.75ドル後半、NZドル/ドルは0.69ドル前半で推移した。ドル/加ドルはNY原油先物価格が本日も軟調だったことで、一時1.2920加ドルまで加ドル安になったが、ドル安の流れを受けて1.28ドル後半に戻された。
 トルコリラ(TRY)は昨日トルコ中銀が緊急に会合を開き、後期流動性貸出金利を13.5%から16.5%に引き上げ一時TRY売りがおさまったが、一日経つと再びTRY安になり、本日は史上最安値の更新はされていないが、一時ドルTRYは4.80TRY近辺、TRY円は22.67円まで売られ、昨日の上昇分をほぼ全て削った。その後はもみ合いになった。
 南ア準備銀行(SARB)は市場予想通り政策金利を6.5%に据え置いた。南ア・ランド(ZAR)は小動きで、ドルZARは12.40ZAR近辺、ZAR円は8.78円前後で取引された。
 6時現在、ドル円は109.27円、ユーロドルは1.1720ドル、ユーロ円は128.02円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円109円前半で小動き、本日の金委員長の動向に警戒

 ドル円は109円前半、ユーロ円は128.15円近辺で小動きになっている。米朝首脳会談が中止になったことで一時250ドルを超えて下落したダウ平均も75ドル安で引けた。
 この後、今回の中止決定後初めて朝を迎える北朝鮮が、この中止に対してどのような態度を示すかにより市場は再び動きそうだ。特に北朝鮮は核実験場の廃棄を実施したにもかかわらず、会談を中止したことで金委員長が再び強硬姿勢を見せる可能性もあるだろう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円109円前半で小動き、本日の金委員長の動向に警戒

 ドル円は109円前半、ユーロ円は128.15円近辺で小動きになっている。米朝首脳会談が中止になったことで一時250ドルを超えて下落したダウ平均も75ドル安で引けた。
 この後、今回の中止決定後初めて朝を迎える北朝鮮が、この中止に対してどのような態度を示すかにより市場は再び動きそうだ。特に北朝鮮は核実験場の廃棄を実施したにもかかわらず、会談を中止したことで金委員長が再び強硬姿勢を見せる可能性もあるだろう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

5月24日のNY為替・原油概況

 24日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円73銭から108円96銭まで下落し109円30銭で引けた。
米朝首脳会談の中止を受けて、地政学的リスク上昇への警戒感が高まり、リスク回避のドル売り・円買いが加速。
ユーロ・ドルは、1.1714ドルから1.1750ドルまで上昇し1.1725ドルで引けた。
ユーロ・円は、128円75銭から127円72銭まで下落。リスク回避の円買いが加速した。
ポンド・ドルは、1.3414ドルから1.3365ドルまで下落。
ドル・スイスは、0.9886フランまで下落後、0.9920フランまで反発した。安全通貨としてのフラン買いが加速した。
 24日のNY原油は続落。供給不安が後退した。ロシアや石油輸出国機構(OPEC)が歴史的な減産を緩和させる可能性を示唆した。
[経済指標]
・米・先週分新規失業保険申請件数:23.4万件(予想:22.0万件、前回:22.3万件
←22.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:174.1万人(予想:174.6万人、前回:171.2万人
←170.7万人)
・米・4月中古住宅販売件数:546 万戸(予想:555万戸、3月:560万戸)
・米・3月FHFA住宅価格指数:前月比+0.1%(予想:+0.6%、2月:+0.6%)

FX為替ニュース

, , , , , ,

5月24日のNY為替・原油概況

 24日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円73銭から108円96銭まで下落し109円30銭で引けた。
米朝首脳会談の中止を受けて、地政学的リスク上昇への警戒感が高まり、リスク回避のドル売り・円買いが加速。
ユーロ・ドルは、1.1714ドルから1.1750ドルまで上昇し1.1725ドルで引けた。
ユーロ・円は、128円75銭から127円72銭まで下落。リスク回避の円買いが加速した。
ポンド・ドルは、1.3414ドルから1.3365ドルまで下落。
ドル・スイスは、0.9886フランまで下落後、0.9920フランまで反発した。安全通貨としてのフラン買いが加速した。
 24日のNY原油は続落。供給不安が後退した。ロシアや石油輸出国機構(OPEC)が歴史的な減産を緩和させる可能性を示唆した。
[経済指標]
・米・先週分新規失業保険申請件数:23.4万件(予想:22.0万件、前回:22.3万件
←22.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:174.1万人(予想:174.6万人、前回:171.2万人
←170.7万人)
・米・4月中古住宅販売件数:546 万戸(予想:555万戸、3月:560万戸)
・米・3月FHFA住宅価格指数:前月比+0.1%(予想:+0.6%、2月:+0.6%)

FX為替ニュース

, , , , , ,