ギリシャ問題に振り回された一週間

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 今週もギリシャ問題について記事を書くことになりました。先週のコラム記事 でも書きましたが、改革案の条件変更に関する合意期限が、6月5日になったことに加えて、今週は水曜日から7カ国財務相・中央銀行総裁会議(

FX為替ニュース

, , , , ,

中国財政省、金融機関に付加価値税6%を導入へ=関係筋

[北京/上海 29日 ロイター] – 中国の財政省は、金融機関に対し現在の法人税5%の代わりに付加価値税(VAT)6%を導入する方針だ。複数の関係筋がロイターに対し明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

焦点:「調整」か「強気の終焉」か、お上の顔色うかがう中国株市場

[上海 29日 ロイター] – 28日の中国株式市場は、証券各社が相次いで信用取引ルールを強化したとの報道や、政府系投資会社・中央匯金投資が国有銀行株を売却したとの報道を受けて6.5%急落、昨年半ば以降140%急騰してきた市場に激震が走った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

口永良部島の噴火、迅速に避難できたのは画期的=菅官房長官

[東京 29日 ロイター] – 菅義偉官房長官は29日午後の記者会見で、鹿児島県屋久島町の口永良部島での噴火について、「午前9時59分に(噴火が)発生して、午後3時くらいには全住民が島から避難できたというのは、ある意味で画期的だった」と述べ、迅速に対応できたとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

金融庁、金融機関に米利上げに備えたリスク管理強化促す=関係筋

[東京 29日 ロイター] – 金融庁が年内にも想定されている米利上げなどに備え、金融機関に対してリスク管理の強化を促していることがわかった。超低金利環境が続く中、収益力強化への取り組みについても、あらためて早めの経営判断を求めている。複数の関係筋が明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

発言おさらい、麻生・菅・黒田各氏、習主席、ギリシャ、FRB黒白

「発言おさらい、麻生・菅・黒田各氏、習主席、ギリシャ、FRB黒白」

* 麻生財務相=一段の円安が進んだ場合の日本経済への影響を問われ、ここ数日の円安について「荒い動きがあると見ているが、今後も市場の動きを注意深く監視していきたい」と述べた。G7会議では、為替に関し議論しなかったと語った。ルー米財務長官との会談では、為替について、G7とG-20声明でのコミットメントを再確認したことを明らかにした

*菅官房長官=円安になって厳しくなる方もいるし、そうでない方もいる。両面ある。為替の変動は常に注視していくのが政府の姿勢だ

*黒田日銀総裁=現時点で、主要通貨の為替レートは経済のファンダメンタルズで正当化され得る関係を大きくかい離していない。日本経済が日銀の予想通り今後2年で拡大すれば、円高が進む可能性がある

*習近平国家主席=構造改革の実施など、中国経済が課題に直面しているとの認識を示した。具体的にどのような課題に直面しているかには触れなかった。

*IMFラガルド専務理事=ギリシャがユーロ圏を離脱する可能性はあるが、離脱したとしてもユーロ圏は崩壊しない。

*欧州委員会報道官=ギリシャ債務をめぐる協議は一段の進展が必要

*ギリシャ政府報道官=債権団との支援協議について、31日までの合意を目指す姿勢を示した。また合意は近いとして自信を示した。一方で、欧州の当局者らは「希望的観測」だとして否定している。

*コンスタンシオECB副総裁=ギリシャがユーロ圏から離脱しないことを前提にしてECBは業務を行っている

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ギリシャ向けの資金供給について、ルールを順守しなければならない。現時点ではギリシャ国債を担保として受け入れることはできない

*コンスタンシオECB副総裁=金融市場の相場急落がユーロ圏経済の安定化にとって最大のリスク

*ECB金融安定報告=ユーロ圏の低成長と資産価格の上昇が金融状況の安定にリスクをもたらしている

*ウィリアムズSF連銀総裁=年内に利上げを開始する公算が大きく、その後数年かけて徐々に金利をより正常な水準に引き上げる見通し

*ブラード・セントルイス連銀総裁=1Q・GDPマイナスへの下方修正もあり得る、インフレは2%の目標に引き続き向かうだろう、労働市場は引き続き非常に強い

*コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁=今年は金融引き締めを行うべきではない、今年利上げを行うことはFRBの責務と一致していない、金利について異例の辛抱強さが必要、

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

4月新設住宅着工戸数は前年比+0.4%=国交省

[東京 29日 ロイター] – 国土交通省が29日発表した4月の新設住宅着工戸数は、前年比0.4%増の7万5617戸となり、2カ月連続で増加した。季節調整済み年率換算は91万3000戸だった。前月比では0.7%減。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【News】ポンド/円、前日安値を下抜け

ポンド/円は軟調に推移しており、前日安値(189.302円)を下抜けている。
現在、
ドル/円 123.740/743
 (H124.022/L123.610)
ユーロ/円 135.478/484
 (H135.917/L135.432)
ユーロ/ドル 1.09481/486
 (H1.09739/L1.09262)
豪ドル/円 94.750/757
 (H95.013/L94.632)
ポンド/円 189.274/285
 (H190.004/L189.267)
NZドル/円 88.258/274
 (H89.041/L88.243)
カナダ/円 99.465/504
 (H99.754/L99.482)
スイス/円 130.937/966
 (H131.453/L130.781)
香港ドル/円 15.961/963
 (H15.997/L15.943)
ポンド/ドル 1.52952/964
 (H1.53419/L1.52842)
ドル/スイス 0.94486/505
 (H0.94785/L0.94103)
南アランド/円 10.186/202
 (H10.217/L10.186)
豪ドル/ドル 0.76564/576
 (H0.76738/L0.76433)
NZドル/ドル 0.71320/338
 (H0.71942/L0.71189)
ユーロ/豪ドル 1.42976/993
 (H1.43373/L1.42776)
トルコリラ/円 46.429/499
 (H46.668/L46.480)
人民元/円 19.935/960
 (H19.979/L19.940)
ノルウェー/円 15.790/820
 (H15.888/L15.817)
スウェーデン/円 14.571/601
 (H14.643/L14.600)
メキシコペソ/円 8.040/090
 (H8.072/L8.090)
で取引中。 (16:46)

[PR]業界激震!「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを7月31日(金)
まで期間を延長して適用します!
スワップポイント適用水準がさらにパワーアップ!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【市況】今夜の注目材料はこちら(外為総研)

東京市場のドル/円相場は、123.60円前後まで下落するも同レベルでは底堅く推移すると、その後は124円ちょうど付近まで切り返しています。
この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

5/29(金)
21:00 (南ア) 4月貿易収支
21:30☆(加) GDP(3月、第1四半期)
21:30☆(米) 第1四半期GDP・改定値
22:45☆(米) 5月シカゴ購買部協会景気指数
23:00☆(米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
–:– 7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(最終日)
※☆は特に注目の材料

米国で複数の経済指標の発表があります。
第1四半期GDP・改定値は事前予想が前期比年率-0..9%と速報値(同+0.2%)から大幅減速が予想されていますが、今月22日にイエレン米FRB議長がこの期間の米経済の落ち込みは一時的との見方を示しており、予想以上の悪化とならない限り年内の米利上げ開始観測を左右するとは考えにくく、大きくドルを売る材料にはなりにくいでしょう。

5月のシカゴ購買部協会景気指数やミシガン大消費者信頼感指数・確報値はいずれも前月から上昇が予想されています。
予想以上の結果となれば、春以降に米経済が回復しているとの期待からドルが買われる事も考えられます。

※本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
Copyrightc2015 Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com

提供:外為どっとコム総合研究所
http://www.gaitamesk.com/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,